ページの先頭へ 本文へ

ホーム > 開発実績 > DDS RF 信号発生器

accesskey(M) DDS RF 信号発生器

 製品写真

DDS RF 信号発生器(前面) DDS RF 信号発生器(背面)

 概要

 この装置は従来電圧制御発信器の、アナログ方式の周波数発生装置の温度依存解消のためにデジタル方式の周波数発生装置(DDS)を採用しています。
 出力は、基本波及び2倍3倍の高調波を同時に出力できます。
 周波数の変化は、周波数関数発生が容易な、時間を独立変換としたテーブルを用いています。
 目的に応じて、書き込み可能な記憶装置にテーブルを書き込み、この記憶装置のほうに切り替えることで操作します。
 周波数の補正信号は、アナログ信号をデジタル信号に変換して、上記のプログラム周波数信号に重畳しています。
 これらの操作は、パソコンを用いて制御できます。

 仕様

動作基準クロック1MHz
DDS出力
  • ・出力電圧:1Vp-p(50Ω負荷)
  • ・出力レベル誤差:±10%以下
  • ・高調波スプリアス:-30dBc以下
  • ・非高調波スプリアス:-40dBc以下
  • ・相対位相誤差許容範囲:±1ns
  • ・設定周波数分解能:32bit[100MHz/232]/ステップ(約0.0232Hz)
  • ・データ更新周期:1μsステップ
  • ・出力周波数範囲
  • 1. 基本波出力:2.25MHz〜6.02MHz
  • 2. 2倍波出力:4.5MHz〜12.04MHz
  • 3. 3倍波出力:6.75MHz〜18.06MHz
  • ・出力数: 各周波数毎2出力(フロント×1、リア×1)
  • ・コネクタと位置:フロントパネル=LEMO型、リアパネル=BNC型
モニタDAC出力
  • ・出力電圧範囲:0〜+6.02V 1MHz/1V(1kΩ負荷時)
  • ・出力抵抗:100Ω
  • ・DAC分解能:16bit
  • ・出力LPF カットオフ周波数:1kHzバタワース特性 12dB/OCT
  • ・出力数:3出力(フロント×2、リア×1)
  • ・コネクタと位置:フロントパネル=LEMO型、リアパネル=BNC型
電源入力AC85〜132V/50〜60Hz
コンセント出力フロントパネル=3極タイプ×2
ホスト・インターフェイスRS-232C レベル/ストレート接続×1(最大115.2kbps)

 その他資料

PDFを展開します。ダウンロードは右クリックから対象をファイルに保存でお願いします。
詳細資料(PDF)
  • スパムメール対策にメールアドレス表記を画像で行っています。ご容赦ください。